ホーム > 動き
俞敏洪:徒歩旅行、撮影にとって世界魔鬼城はいい所

動き2017-07-17 11:49 作者:admin

もっと多く動き

俞敏洪:徒歩旅行、撮影にとって世界魔鬼城はいい所


 9月3日、新東方教育集団理事長俞敏洪御一行は世界魔鬼城を見学しました。烏爾禾(ウルホ)区委員会書記、常務副区長胡军が見学に随行しました。
 

世界魔鬼城では、俞敏洪は “世界魔鬼城は絶対に5A級の観光地標準に満たしている。世界魔鬼城に来て、ここは歴史のある城、不思議な城、含意豊富な城、個性的な城、人に無限な啓示、無限な思いをはせる城である。桂林山水の秀は無き、高くそびえる昆崙の険は無き、九賽溝天池の美は無き、この城には他は比べ物にならない雄渾、素樸、原始と広大さがある。本当に自分がペンを持って多彩な魔鬼城を描いくことができると望みます”と感嘆しました。
"
 

烏爾禾(ウルホ)区委員会書記、常務副区長胡军は俞敏洪に烏爾禾(ウルホ)区が“世界魔鬼城”“金糸玉”を除き、三枚目の名刺“撮影書画の町”を作り上げていると紹介しました。8月末、いくつかの中国、アメリカからの書家、画家より構成した民情風俗の取材団が魔鬼城で創作し、そして俞敏洪に撮影書画小鎮のコンクール作品画集を贈りました。

世界魔鬼城は積極的に“書画の町の作り上げ”を推進し、より多くの書家、画家、撮影愛好者世界魔鬼城にご光臨し、撮影家と書画家の目で世界魔鬼城特有なヤルダン風情、ゴビ風景を人たちに展示します。世界魔鬼城独特な魅力と文化で世界各地の観光客にユニークな体験ができること新鮮さを感じることができると信じています。
 

攻略