ホーム > ニュース
六旬老人急病突発、観光地職員よりタイムリー救助

ニュース2017-07-17 14:28 作者:admin

もっと多くニュース

六旬老人急病突発、観光地職員よりタイムリー救助


(特派員 黄平安)9月7日18時頃、世界魔鬼城観光地の男トイレである六旬老人はドアをロックして用便時、急病が突発して、立てと歩けません。観光地の管理員はその情報を受けて、直ちに措置を取って、トイレのドアを開けて、手伝います。早速駆け付けた治安警備員と一緒に観光客は警備室へ送って、120救急車を待ちます。


世界魔鬼城の職員と治安警備員は、六旬老人の全身が冷や汗濡れされ、顔色が靑ざめ、全身ぶるぶる震えて、顔が苦痛で歪んで、意識がありますけど、すでに言えませんと発見しました。突発ですから、ガイドと老人の仲間もどうしたらよいかわかりません。応接部マネージャー董麗さんは安全保障部の職員と打ち合わせて、直ちに救急車を呼びます。その同時、治安警備員と一緒に、老人を警備室へ送ります。公司責任者趙磊さんと他の職員もガイドと老人の仲間を慰めて、詳しい情況を確認して、老人を丁寧に看護して、病状が重くなることを予防します。救急隊員が駆けつけた後、老人は突発的に重い風邪を引いたと診断します。救急隊員は「幸いにここの職員は熱心に救助、貴重な救助時間を獲得しました。そうでないと結果は想像にたえません」と言いました。緊急救護処理後、救急車でウルホ137団病院へ送って救います。


情報によって、老人は当日ゲェゲェス観光地で旅行時、既に体不調と感じしましたが、世界魔鬼城に来て、病気を突発しました。老人の仲間は観光地の職員と治安警備員の助けてを感謝します。
 

攻略