ホーム > ニュース
魔鬼城観光開発会社は、火災予防の知識訓練を開催

ニュース2017-07-17 14:19 作者:admin

もっと多くニュース

魔鬼城観光開発会社は、火災予防の知識訓練を開催


(特派員 路程) 11 月9日は国の第26回法定「119」消防宣伝日です。冬の火災安全をもっと改善し、スタッフの火災予防の意識、消防スキルを高め、火災事故を予防・削減し、火災事故による社会的危害の発生を防止、削減、撲滅するために、魔鬼城会社は、一連の消防安全宣伝活動を実施し、消防安全宣伝の雰囲気を造営すると同時に、タッフの火災予防意識を高め、実践の中に自己の脱出スキルを身に付けました。魔鬼城会社は、ウルホ区消防大隊陳インストラクターを招いて、全員向けの火災安全知識訓練を遂行しました。
 

この訓練を通じて、スタッフ全員の完全意識を高め、冬の防火の重要性を認識しました。また、消防大隊の士官や兵士は、当観光地内の消防設備の整備及び日常の火・電気の取扱に対して点検したあと、機器の問題点や火災の危険性を一切見つけませんでした。当観光地の防火に対して肯定を与えました。魔鬼城会社は冬に入って以来、上級管轄部署からのセキュリティ文書の精神を自主に理解し、断固として文書の要件を達成し、"119"消防宣伝日、冬の安全防火を観光地の各部門、各現場に実施させ、観光地の重点箇所に対して、安全監督と検査を行いました。また、交通安全、特殊機器の保守などに対して包括的な検査を行い、危険が発生する可能性のあるセキュリティリスク検査を徹底化し、観光地内の安全環境を最大限に確保しました。魔鬼城会社は毎日の安全業務の中に、各職級の職責、各安全生産予防措置を実行し、安全生産を第一位に置き、安全で生産と経営を保護しています。平日の安全作業の蓄積を通じて、良い成績を収めました。2016以降、安全事故が一切発生してい無かったです。観光地の安全環境の継続的改善に基を建てました。安全は大事です。いつも安全警報を鳴らし、安全を念頭に置いています。


 

攻略